LinuCレベル3 304試験の例題と解説

330.2Xen

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3304試験の出題範囲から「330.2 Xen」についての例題を解いてみます。
このテーマは重要度が9と非常に高いため、実際にXen環境を構築し操作して学習することがおすすめです。試験の合否に大きく影響するため、しっかりと理解しておきましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

xmコマンドのサブコマンドのうち、ドメインを終了させるものを2つ選択せよ。

  1. shutdown
  2. destroy
  3. stop
  4. pause

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1.shutdown」と「2.destroy」です。

Xenは、仮想マシン(VM)を動作させるハイパーバイザーです。

Xenにおいて仮想マシンは、ドメインという呼ばれ方をします。
またドメインにも2種類あり、仮想環境の管理する役割を担うDomain0 (Dom0)と、通常のゲストOSが動作する仮想マシンであるDomainU (DomU)があります。

ゲストOSが動作する仮想マシンを管理するためにxmコマンドが利用出来、以下のようなサブコマンドがあります。

xm list稼働中のドメイン一覧表示
xm top稼働中のドメイン情報をリアルタイム表示
xm uptimeドメインの稼働時間を表示
xm console稼働中のドメインのコンソール表示
xm createドメイン起動
xm shutdownドメインのシャットダウン
xm destroyドメインの強制終了
xm rebootドメインの再起動
xm pauseドメインの一時停止
xm unpause一時停止中のドメインの再開
xm vcpu-setドメインに割り当てる仮想CPUを設定

なお、Xenやxmコマンドについては、以下で詳細が確認出来ます。

Xenについて
https://xenproject.org

xmコマンドについて
https://linux.die.net/man/1/xm


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ