LinuCレベル3 300試験の例題と解説

390.3OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 300試験の出題範囲から「390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング」についての例題を解いてみます。
このテーマはOpenLDAPのパフォーマンス最適化に関する内容が含まれます。適切な設定を行うことでサーバからの応答を高速化でき、ユーザ(クライアント)の体感に大きな違いが出るため、しっかりと学習しておきましょう。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

OpenLDAPの設定において属性に値が存在するかどうかを判断するインデックスタイプはどれか、選択せよ。

  1. pres
  2. eq
  3. sub
  4. none

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、1.pres」です。

各インデックスタイプは、以下のようなものになります。

pres属性に値が存在するかどうかを判断するインデックスを作成
eq属性と完全一致検索を行うインデックスを作成
approx属性と近似検索を行うインデックスを作成
sub属性に部分一致検索を行うインデックスを作成
noneインデックスを作成しない

設定ファイル(slapd.conf)には、以下のように記載します。

属性cn/sn/mailに対して完全一致検索するためのインデックスを作成する例

index cn,sn,mail eq

属性uidに対して、eq/pres/subのインデックスを作成する例

index uid eq,pres,sub

なお、OpenLDAPのインデックス設定については、以下で詳細が確認出来ます。
https://www.openldap.org/doc/admin26/tuning.html#Indexes


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ