LinuCレベル3 304試験の例題と解説

334.2 ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は304試験の試験範囲から、「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度 6

<説明>
LVSのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。
keepalivedの設定と利用を含む。

<主要な知識範囲>
・IPVS
・VRRP
・keepalivedの設定

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ipvsadm
・syncd
・LVS-NAT/Tun/DR/LocalNode
・コネクションスケジューリングアルゴリズム
・genhash

■例題
Linux Virtual Serverについての説明として正しくないものを1つ選びなさい。

1. Linux Virtual Serverはカーネルの機能として実装されている
2. 可用性を高める機能は備えられていない
3. IPベースで動作するので、様々なアプリケーションに対応できる
4. 接続数に応じて負荷分散することができる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは2. 可用性を高める機能は備えられていない です。

Linux Virtual ServerはLinuxカーネルに組み込まれた冗長化と負荷分散を行う仕組みです。実際にはLinuxカーネルのモジュールと、いくつかのサービスプロセスが連動して動作します。LVSはクライアントとサーバーの間に入る構成となるので、サーバーを複数用意して冗長化と負荷分散を実現するだけでなく、LVSそのものも冗長化の構成とする必要があり、冗長化の機能を備えています。

LVSはクライアントからの要求を背後のサーバーへ負荷分散で割り当てていきますが、単純なラウンドロビンの負荷分散の他、クライアントとサーバーの間の接続状態を監視し、接続数が少ないサーバーへ割り振っていくこともできます。

負荷分散はIPベースなので、IPベースの様々なサービスをLVSで冗長化、負荷分散できるのがメリットです。

ロードバランサーが必要な時、LVSで構築することを検討してみると良いでしょう。

ページトップへ