LinuCレベル3 300試験の例題と解説

392.5 国際化

このエントリーをはてなブックマークに追加

300試験の試験範囲から「392.5 国際化」についての例題を解いてみます。

このテーマでは、日本語を含めた非英語環境における文字コードの国際化に関する内容が含まれます。
重要度は1と高くはないので、基礎的な部分を把握してテストではしっかり加点できるようにしておきましょう。
実践においては様々なOS間で共通のファイルサーバとして使用されることの多いSambaの文字表示に関する設定など、活用できる内容が多くあります。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

以下のsmb.confのパラメータのうち、文字コードと関係がないものはどれか。

  1. dos charset
  2. display charset
  3. unix charset
  4. wins support

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4.wins support」です。

wins supportは、SambaのnmbdプロセスをWINSサーバとして機能させるかのパラメータとなります。
※WINSサーバ=WindowsネットワークにおけるNetBIOS名とIPアドレスの関連付けや変換を担う機能。

それ以外のパラメータは以下のような意味を持っています。
dos charset:SambaがDOSクライアントと通信する際に使用される文字コードを指定
display charset:Sambaが標準出力/標準エラー出力へメッセージ出力する際に使用される文字コードを指定
unix charset:Sambaが動作するUNIXマシンで使用される文字コードを指定

なお、Sambaの設定(smb.conf)に設定されているパラメータ 及びその値はtestparmコマンドなどを使って表示させることができます。

[root@localhost ~]# testparm -sv
Load smb config files from /etc/samba/smb.conf
rlimit_max: increasing rlimit_max (1024) to minimum Windows limit (16384)
Processing section "[homes]"
Processing section "[printers]"
Processing section "[print$]"
Loaded services file OK.
Server role: ROLE_STANDALONE

# Global parameters
[global]
.
.
省略
.
.
 dos charset = CP850
 unix charset = UTF-8

また、Sambaのsmb.confは多くのパラメータがあることで知られていますが、以下のサイトで各パラメータについて学ぶことができます。 http://www.samba.gr.jp/project/translation/4.1/htmldocs/manpages/smb.conf.5.html


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ