LinuCレベル3 304試験の例題と解説

334.2 ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度 3

<説明>
HAProxyのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。

<主要な知識範囲>
・HAProxy

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ACL
・負荷分散アルゴリズム

■例題
HAProxyの説明として間違っているものを選びなさい。

1. HAProxyはTCPやHTTPのロードバランシングを行うソフトウェアである
2. HAProxyで使用できる主な負荷分散アルゴリズムにラウンドロビンがある
3. HAProxyでACLを利用することでアクセス制御が行える
4. HAProxyではSSL通信は扱えない

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. HAProxyではSSL通信は扱えない です。

HAProxyはTCP通信(L4)やHTTP通信(L7)をロードバランシングしたり、Proxyとして動作するソフトウェアです。主な用途は、Webサーバーに対する大量のHTTPアクセスを複数のWebサーバーに負荷分散するロードバランサーとしての使い方です。しかし、TCPによるロードバランシングにも対応しているので、その他のサーバーにも活用する事ができます。

HAProxyはバージョン1.5からSSL通信をサポートするようになりました。ただし、バージョン1.5はまだ開発中のバージョンである点に注意が必要でしょう。

ACLを利用すると、アクセス元のIPアドレスなどを基にしてアクセス制御を行うことができます。さらにロードバランス先のサーバーの状態を確認して、ロードバランス先を変更するなどのコントロールも行うことができるので、障害発生時の対応方法などを柔軟に設定できるでしょう。

ラウンドロビンは、ロードバランス先に順番に通信を振り分けていく負荷分散アルゴリズムです。HTTPによる通信など短い時間でセッションが切れる場合には有効な方法です。HAProxyはその他に、通信セッションが少ないサーバーに通信を割り当てたり、アクセスURL(URI)によって振り分けたりなどの負荷分散アルゴリズムが選択できます。

ページトップへ