LinuCレベル3 304試験の例題と解説

334.4エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は304試験の試験範囲から「334.4 エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.4 エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性>
重要度 3

<説明>
Red Hat Cluster Suiteのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。

<主要な知識範囲>
・重要なクラスタ設定
・リソースエージェント

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ccs
・OpenAIS
・rgmanager
・/etc/ais/
・/etc/corosync/

■例題
Red Hat Cluster Suite(RHCS)の説明として間違っているものを選びなさい。

1. RHCSはOpenAISをベースにしたクラスタ環境である
2. クラスタを構成する各ノードではccsdが動作する
3. リソースグループマネージャーが冗長化を行いたいサービスを制御する
4. フェンシングを行いたい場合にはcmanを実行する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. フェンシングを行いたい場合にはcmanを実行する です。

Red Hat Cluster Suite(RHCS)は、OpenAISをベースにしたHAクラスタのためのソフトウェア群です。Red Hat社が中心になって開発していますが、オープンソースのためCentOSなどのディストリビューションでも利用できます。

CCS(Cluster Configuration System)は設定情報をクラスタノード内で共有するためのシステムです。各ノードではccdsデーモンが動作し、あるノードに適用された設定の変更はccsdによって他のノードに伝播します。

○CCSの概要
https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Cluster_Suite_Overview/s2-ccm-overview-CSO.html

HAクラスタ上で動作するサービスはリソースグループマネージャー(rgmanager)によって、起動、停止などの制御が行われます。

○ハイアベイラビリティサービス管理
https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Cluster_Suite_Overview/s1-service-management-overview-CSO.html

スプリットブレインが発生した時、IPMIのインターフェースなどを利用してノードの停止を行うフェンシングを行いたい場合には、各ノードでfencedデーモンを動作させます。

○フェンシング
https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Cluster_Suite_Overview/s2-fencing-overview-CSO.html

HAクラスタ環境の構築は、実機を複数用意して行えればベストですが、難しい場合には仮想マシンを使って構築することも十分可能です。まずは一度、テスト的に環境構築してみると良いでしょう。

ページトップへ