LinuCレベル3 300試験の例題と解説

390.1 OpenLDAPのレプリケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「390.1 OpenLDAPのレプリケーション」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<390.1 OpenLDAPのレプリケーション>
重要度 3

<説明>
OpenLDAPで利用可能なサーバのレプリケーションに習熟していること。

<主要な知識範囲>
・レプリケーションの概念
・Open LDAPのレプリケーションの設定
・レプリケーション ログファイルの分析
・レプリカ ハブの理解
・LDAPの参照
・LDAP同期のレプリケーション

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・master / slave server
・multi-master replication
・consumer
・replica hub
・one-shot mode
・referral
・syncrepl
・pull-based / push-based synchronization
・refreshOnly and refreshAndPersist
・replog

■例題
OpenLDAPのレプリケーションの説明として間違っているものを選びなさい。

1. マスター・スレーブ方式では、マスターへの変更がスレーブに適用される
2. マスター・スレーブ方式では、スレーブに対する更新要求はエラーになる
3. マルチマスター方式では、一方への更新が他方に反映される
4. マルチマスター方式では、処理性能に合わせて負荷が自動的に分散される

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. マルチマスター方式では、処理性能に合わせて負荷が自動的に分散される です。

OpenLDAPサーバーには認証などの重要な情報を格納するため、複数台のOpenLDAPサーバーを用意し、情報のレプリケーションをすることで、情報の冗長性を高めます。レプリケーションにはいくつかの方式があります。

マスター・スレーブ方式は、一番基本的なレプリケーションの方式です。マスターサーバーへの情報の更新は、スレーブサーバーに伝播し、情報が同一になるように動作します。ただし、スレーブサーバーへの更新はエラーになるため、マスターサーバーが障害を起こしている間は情報の更新が行えません。

マルチマスター方式は、複数のOpenLDAPサーバーの間で情報のレプリケーションをするのは、マスター・スレーブ方式と同様ですが、どちらのOpenLDAPサーバーに対しても更新処理が行える点が異なります。そのため、一方が障害を起こしても、更新処理を継続することができます。

ただし、マルチマスター方式でも複数のマスターサーバーで同時に更新を行うと、更新の競合が発生してしまったり、不整合が発生することがあります。そのため、運用上は一方のマスターサーバーにだけ更新処理を行わせ、もう一方は検索処理のみを受け付けるように構成します。構成には、ロードバランサーを利用することができます。

更新の頻度やシステムの構成に応じて、適切なレプリケーション形式を選ぶ必要があるでしょう。

ページトップへ