LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題202システムの起動

202.2システムのリカバリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は201試験の試験範囲から「202.2 システムのリカバリ」についての例題を解いてみます。
システムのモードを変更し起動できるようにしておくことは、システム障害発生時に慌てず対応するためにも重要です。ここでは、systemdを採用したシステムでのターゲットの切り替えについて確認しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

systemdを採用しているシステムで、システムに緊急モードに切り替えるためのコマンドを一つ選択してください。

  1. systemctl emergency
  2. systemctl rescue
  3. init 1
  4. systemctl get-default

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. # systemctl emergency」です。

緊急モードとは、レスキューモードでもシステムにログインできない場合などに利用するためのターゲットです。緊急モードでは、initファイルがロードされないため、initが破損していたり、動作していなくても利用できます。

systemctlコマンドで利用できる主なターゲットは以下の通りです。

default:デフォルトモードに入る
multi-user:CUIモードに入る
graphical:GUIモードに入る
rescue:レスキューモードに入る
emergency:緊急モードに入る
halt:システムをシャットダウンして停止する
poweroff:システムをシャットダウンして電源オフする
reboot:システムをシャットダウンして再起動する

よって緊急モードに切り替えるためのコマンドは、「1. # systemctl emergency」となります。
このコマンドを実行した場合、現在システムにログインしているすべてのユーザーに通知メッセージも送信します。

その他の選択肢の解説は以下の通りです。

[2. # systemctl rescue]
これはレスキューモードに切り替えるためのコマンドです。

[3. # init 1]
これは、「init」コマンドを利用してランレベル1(シングルユーザモード)に切り替えるためのコマンドです。
「init」コマンドは、SysV initを採用しているシステムで利用されていました。なお、initコマンドを使用したターゲットの変更は、systemdを採用しているシステムでも利用できます。
ランレベル1(シングルユーザモード)は、sysytemdのレスキューモードに相当します。
このコマンドをsystemdを採用しているシステムで実行した場合、レスキューモードに切り替わります。

[4. # systemctl get-default]
これは、デフォルトターゲットを表示するためのコマンドです。

SysV initからSystemdへの変更に伴い、ターゲットの切り替え方法も変更になりました。従来のinitコマンドも利用できますが、今後に備えてsystemctlコマンドも使えるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ