LinuCレベル3 300試験の例題と解説

392.4 Sambaのトラブルシューティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「392.4 Sambaのトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<392.4 Sambaのトラブルシューティング>
重要度 2

<説明>
簡易データベース(TDB)ファイルの構造を理解し、TBD関連の問題のトラブルシューティング方法を知っていること。

<主要な知識範囲>
・Sambaのロギングを設定する
・TDBファイルをバックアップする
・TDBファイルを復元する
・TDBファイルの破損を検出する
・TDBファイルの内容を編集 / 一覧表示する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/var/log/samba/*
・log level
・debuglevel
・smbpasswd
・pdbedit
・secrets.tdb
・tdbbackup
・tdbdump
・tdbrestore
・tdbtool

■例題
Sambaの簡易データベース(TDB)についての解説で間違っているものを選びなさい。

1. TDBにはSambaの各種設定が格納されている
2. TDBはkey-value型のデータベースとして値を保持している
3. TDBは目的に応じて複数のTDBファイルに分かれている
4. TDBファイルは自動的にバックアップされるので、バックアップディレクトリを確保する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. TDBファイルは自動的にバックアップされるので、バックアップディレクトリを確保する です。

Sambaの設定ファイルはsmb.confですが、動作中の設定情報を格納するための領域として簡易データベース(TDB Tiny DB)をバックエンドで利用しています。TDBは、内部的にはいわゆるkey-value型のデータベース構造をしているため、非常にシンプルに値を保持しています。そのため、目的に応じて別々のTDBファイルを用意して、格納するデータの種類によってファイルを用意するようになっています。

TDBファイルの内部に格納する値は、高速に処理が行えるようバイナリーとして扱われているので、そのまま編集などは行うことができません。別途、TDBを扱うためのコマンドが用意されているのはそのためです。以下のようなコマンドが用意されています。

・tdbdump
TDBファイルの中身をダンプします。ただし、基本的にはバイナリーデータを可読状態に変換しただけの出力のため、あまり一般的な用はなさないでしょう。

・tdbbackup
TDBファイルをバックアップします。TDBファイル破損時の復元はSambaが自動的に行うので、tdbrestoreコマンドは存在しません。

・tdbtool
TDBファイルを操作するコマンドです。このコマンドも一般的な用途では使用しないでしょう。

実用上では、しっかりと把握しておくべきはtdbbackupコマンドでしょう。
tdbbackupコマンドはSamba実行中でも実行することができるので、cron等で定期的に実行するよう、設定しておくとよいでしょう。

ページトップへ