LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題205ネットワーク構成

205.3ネットワークの問題を解決する

このエントリーをはてなブックマークに追加

201試験の試験範囲から「205.3 ネットワークの問題を解決する」についての例題を解いてみます。

このテーマは、ネットワーク設定に関する設定ファイルや各種コマンドやツールを用いて、適切な設定を行ったりトラブルシュートする知識が問われます。
ネットワーク接続が常時行われている現代では欠かすことのできない内容ですので、しっかりと把握しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

以下のコマンドのうち、ルーティング情報を参照できるものを3つ選択せよ。

  1. ip
  2. ifconfig
  3. route
  4. ping
  5. netstat

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1.ip」・「3.route」・「5.netstat」となります。

ipコマンドでは、「ip route show」などでルーティング情報を参照します。
その他、IPアドレス・ネットワークデバイスに関する操作を行うことが可能です。

routeコマンドでは、ルーティング情報の参照や設定などを行うことが可能です。

netstatコマンドでは、「netstat -r」でルーティング情報を参照します。
その他、ネットワークインターフェイスの統計情報やコネクション情報の参照などが可能です。

それぞれのコマンドの詳細は、以下から確認できます。
ipコマンド(https://linux.die.net/man/8/ip)
routeコマンド(https://linux.die.net/man/8/route)
netstatコマンド(https://linux.die.net/man/8/netstat)

なお、ifconfigコマンドはネットワークインターフェイスの設定やその参照など、
pingコマンドは主にネットワークの疎通確認を行うのに利用されるものとなります。


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)
※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修・文責です。

ページトップへ