LinuCレベル3 303試験の例題と解説

主題326ホストセキュリティ

326.4FreeIPA のインストレーションとSambaの統合

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuC 303試験の試験範囲から「326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合」についての例題を解いてみます。
FreeIPAを構成するコンポーネントとその役割を理解しておきましょう。

Linucレベル3 303試験 出題範囲


例題

FreeIPAを構成するコンポーネントとして誤っているものをひとつ選択してください。

  1. 389 Directory Server
  2. BIND
  3. Dovecot
  4. MIT Kerberos

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. Dovecot」です。

FreeIPAは、Linux/UNIXネットワーク環境向けの統合セキュリティ情報管理ソリューションです。
コンピュータのネットワークのセキュリティ管理に必要となるユーザ、グループ、ホスト等のデータを集中管理し、認証・承認・アカウント情報等のサービスを提供します。

FreeIPAの主に下記の機能を提供しています。

  • ユーザ、グループ、ホストの集中管理
  • シングルサインオン
  • Active Directory 連携
  • 証明書の発行
  • ウェブUIやコマンドによる操作
  • 容易なインストール

FreeIPAは、よく知られているオープンソースを使用しており、標準的なプロトコルによって構成されています。
FreeIPAで使用されている主なコンポーネントを紹介します。

  • 389 Directory Server
    LDAPサーバ。FreeIPAのメインデータストアとして使用しています。
  • MIT Kerberos
    シングルサインオン認証サービスを提供します。
  • Dogtag Certificate System
    統合認証局によって認証機能を提供しています。
  • ISC BIND
    DNSサービスを提供しています。
  • Apache HTTP Server
    ウェブUIを提供するために使用されています。

例題の選択肢について解説します。

  1. 389 Directory Server
    FreeIPAでLDAPサーバとして使用されています。
  2. BIND
    FreeIPAでDNSサーバとして使用されています。
  3. Dovecot
    FreeIPAでは使用されていません。
    従いまして「3. Dovecot」が例題の正解となります。
  4. MIT Kerberos
    FreeIPAでシングルサインオン認証サービスとして使用されています。

FreeIPAで使用されているコンポーネントについて理解し、それぞれのコンポーネントの役割を把握しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

ページトップへ