LinuCレベル2 Version 4.5 202試験の例題と解説

主題207ドメインネームサーバ

207.2DNSゾーンの作成と保守

このエントリーをはてなブックマークに追加

202試験の試験範囲から「207.2 DNSゾーンの作成と保守」についての例題を解いてみます。このテーマは、DNSサーバのゾーンファイルの作成方法と保守に関する内容が含まれます。また、DNSサーバ構築時に使用するツールなど実際の作業で活かせるコマンドもありますので、しっかりと内容を把握しておきましょう。

Linucレベル2 Version 4.5 202試験 出題範囲


例題

named-compilezoneの機能として、正しいものを選択せよ。

  1. ゾーンの正引き・逆引きをチェックする
  2. BINDの設定ファイルの構文をチェックする
  3. ゾーンファイルの構文と整合性をチェックする
  4. ゾーン内容を、指定フォーマットで出力する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4.ゾーン内容を、指定フォーマットで出力する」となります。

コマンドの使用方法は、以下のようになります。

named-compilezone -F [出力するフォーマット] -f [ゾーンファイルのフォーマット]  -o [出力するゾーンファイル名] [ゾーン名] [元となるゾーンファイル名]

例えば、バイナリーのゾーンファイルをテキストフォーマットに変換する場合、

named-compilezone -F text -f raw  -o [出力するゾーンファイル名] [ゾーン名] [元となるゾーンファイル名]

その他の選択肢はそれぞれ以下のコマンドが該当し、BINDの設定段階・起動後の動作確認で使用します。

1.ゾーンの正引き・逆引きをチェックする
 →dig/nslookup/host
2.BINDの設定ファイルの構文をチェックする
 →named-checkconf
3.ゾーンファイルの構文と整合性をチェックする
 →named-checkzone

今回紹介したnamed-compilezoneコマンドに関する詳細は、以下で確認できます。
https://linux.die.net/man/8/named-compilezone https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_aix_72/n_commands/named-checkzone.html


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ