LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.2ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。
このテーマは、複数のサーバへの分散処理を実現し、サービスのパフォーマンスを高めるために使われるツールやその設定を含みます。重要度も高く実践においても、Webサーバなどのサービスと組み合わせて使用されることが多いので、インストールから設定・トラブルシュートまでしっかりと把握しておきましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

keepalivedの設定において、グローバル定義を行うセクションの名前はどれか。

  1. global
  2. global_defs
  3. main
  4. options

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.global_defs」です。

keepalivedの設定は、keepalived.confで行います。

グローバル定義はglobal_defsセクションで指定し、メールなどの通知に関する設定・VRRPに関する設定などを記述します。

具体的には、以下のような項目があります。

notification_email:通知の宛先アドレス
notification_email_from:通知の送信元アドレス
smtp_server:使用するSMTPサーバ
vrrp_mcast_group4:VRPP IPv4マルチキャストで使用するアドレス

また、その他の設定を含む詳細については、以下のサイトで確認することができます。設定項目は多いですが、重要度が高いテーマとなるのでしっかりと把握しておきましょう。
https://www.keepalived.org/manpage.html
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/load_balancer_administration/ch-initial-setup-vsa


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ