LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.07ネットワークの基礎

1.07.3基本的なネットワークの問題解決

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「1.07.3 基本的なネットワークの問題解決」についての例題を解いてみます。
ルーティングテーブルを手動で設定する方法について確認しておきましょう。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

ルーティングテーブルを手動で設定することができるコマンドを2つ選択してください。

  1. route
  2. traceroute
  3. routetable
  4. ip

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. route」と「4. ip」です。

サブネットの外側の機器とのネットワーク通信を行う場合、ルーティングの設定が必要になります。
Linuxでは、ルーティングの情報はルーティングテーブルに保存され使用されます。

ルーティングテーブルは、routeコマンドやipコマンドで操作することができます。

※routeコマンド
routeコマンドは、ルーティングテーブルの表示や設定を行うことができます。

a) ルーティングテーブルを追加する

====================================
# route add -net 172.16.1.0/24 gw 10.1.0.254
====================================

この例では172.16.1.0/24宛ての通信は10.1.0.254をゲートウェイとして使用するように設定しています。

b) ルーティングテーブルを削除する。

====================================
# route del -net 172.16.1.0/24
====================================

この例では172.16.1.0/24宛てのルーティングテーブルを削除しています。

c) ルーティングテーブルを参照する。

====================================
# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
default         gateway         0.0.0.0         UG    100    0        0 ens3
10.1.0.0        0.0.0.0         255.255.0.0     U     100    0        0 ens3
====================================

※ipコマンド
ipコマンドは、ネットワークデバイスの設定を行うことができます。
ルーティングテーブルの表示や設定を行うこともできます。

a) ルーティングテーブルを追加する

====================================
# ip route add 172.16.1.0/24 via 10.1.0.254
====================================

この例では172.16.1.0/24宛ての通信は10.1.0.254をゲートウェイとして使用するように設定しています。

b) ルーティングテーブルを削除する。

====================================
# ip route del 172.16.1.0/24
====================================

この例では172.16.1.0/24宛てのルーティングテーブルを削除しています。

c) ルーティングテーブルを参照する。

====================================
# ip route
default via 10.1.0.1 dev ens3 proto dhcp metric 100 
====================================

例題の選択肢を解説します。

  1. route
    正解です。
    routeコマンドを使用して、ルーティングテーブルの設定を行うことができます。
  2. traceroute
    誤っています。
    tracerouteは、宛先に指定したホストまでのネットワーク経路を一覧表示するためのコマンドです。
    ルーティングテーブルを操作するコマンドではありません。
  3. routetable
    誤っています。
    このようなコマンドはありません。
  4. ip
    正解です。
    ip routeコマンドを使用して、ルーティングテーブルの設定を行うことができます。

ルーティングテーブルの操作方法を覚えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ