LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題396Sambaのネームサービス

396.1 NetBIOSとWINS

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「396.1 NetBIOSとWINS」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<396.1 NetBIOSとWINS>
重要度 3

<説明>
NetBIOS/WINSの概念に習熟し、ネットワークブラウジング機能を理解していること。

<主要な知識範囲>
・WINSの概念を理解する
・NetBIOSの概念を理解する
・ローカルマスタブラウザの役割を理解する
・ドメインマスタブラウザの役割を理解する
・SambaのWINSサーバとしての役割を理解する
・名前解決を理解する
・SambaをWINSサーバとして設定する
・Configure WINS replication
・Understand NetBIOS browsing および browser elections
・Understand NETBIOS name types

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.conf
・nmblookup
・smbclient
・name resolve order
・lmhosts
・wins support、 wins server、 wins proxy、 dns proxy
・domain master、 os level、 preferred master

■例題
Windowsネットワークのネットワークブラウジング機能についての解説で間違っているものを選びなさい。

1. ネットワークブラウジング機能はSamba 3では主にnmbdが受け持っている
2. マスタ・ブラウザがコンピューター名とIPアドレスのリストを保持している
3. ドメインマスタブラウザはドメインに1つ必要となる
4. 複数セグメントに渡るWindowsネットワークの名前解決にはWINSサーバを利用する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは2. マスタ・ブラウザがコンピューター名とIPアドレスのリストを保持している です。

Windowsネットワークのネットワークブラウジング機能は、ネットワーク上にあるコンピュータの一覧を表示し、ファイル共有などの接続が行えるように名前解決を行って接続対象のIPアドレスを調べる仕組みです。Samba 3では主にnmbdプロセスがネットワークブラウジング機能を受け持っています。

コンピュータの一覧は、マスタ・ブラウザがブラウズリストとして保持しています。ネットワーク形態によって、ローカルマスタブラウザが存在したり、ドメイン環境ではドメインマスタブラウザがドメインに1つ動作します。マスタブラウザ機能が担うのはコンピュータの一覧であるブラウズリストを保持するだけで、名前解決、すなわち名前とIPアドレスの対応については別途行われます。

名前解決は、通常の名前解決同様、DNSを使うこともできますし、Windowsネットワークではブロードキャストによる名前解決も行われます。しかし、ブロードキャストはルーターを経由する別のネットワークには到達できないので、そのようなネットワークでWindowsネットワークの名前解決を可能にするにはWINSサーバーを構築します。WINSサーバーがコンピュータの名前とIPアドレスの情報を保持し、Windowsネットワーククライアントの名前解決要求に対応します。

ページトップへ