LinuCレベル1

【開催報告】現場業務の解説/サーバープロセスの動作確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

開催結果のご報告
2022年4月24日(日)13時00分〜14時15分


本セミナーは、インターノウス株式会社の竹本 季史 氏を講師にお招きし、本セミナーのテーマとなる主題についてわかりやすく解説いただきました。

参加者からの感想(一部抜粋)

  • プロセスの仕組みがわかった。ttyの意味が理解できた。
  • エラーが疑われた際の対処を理解すること、プロセスについて理解を深めることが容易にできたこと。
  • なんとなくわかっていたつもりのところを整理できました。
  • 実際にコマンド入力してやってくれていたので分かりやすかったです。
  • 進めるスピードがちょうど良かったため、自分の環境でコマンドを打ちながら学習することができたところ。

LinuC技術解説セミナーは、Linux技術の習得やインフラエンジニアとしてのキャリアアップを目的にLinuCの学習を進めている方、またはこれから始めようとしている方向けの研修セミナーです。インフラエンジニアとして活躍できるよう体系立ててLinuxを学習するために作られた出題範囲の主題をベースに実施しています。

今回は、技術解説セミナーとしては初めての形式となる「実際の現場で求められる技術の紹介」シリーズ 第3回目を開催いたします。インフラエンジニアとして初めて業務に就くときに求められる事柄を拾い上げ、その業務を進める上で必要となる技術についてより実践的な切り口で解説していきます。

第3回目の今回は「サーバープロセスの動作確認」について解説します。
 サーバーのプロセスは裏側で様々な処理を行っていますが動作が見えないため、サービス稼働前に動作確認を行っておかないとトラブルが起きてから改めて調査することになりかねません。
今回は、サービス稼働確認前のサーバーの動作確認についての解説と、動作確認の具体例としてWebサーバーのプロセスの動作をLinuxコマンドを使って確認していきます。

*本セミナーはLinuCの試験対策ではありません。関連する技術の解説となります。ご了承ください。

※事前に登録済みの方には、4月22日(金)までにconnpassのメールで、セミナー会場のzoomウェビナーの用URLをお送りいたします。オンライン開催の無料セミナーは、zoomのウェビナー機能を使います。参加される方はアプリのダウンロードを済ませるなど、事前の準備をお願いいたします。


セミナーのお申し込みは終了しました


当日の講義資料のダウンロードはこちら
当日参加の方はダウンロードをして準備してください。


開催概要

開催日
2022年4月24日(日) 13時00分~14時15分
会場
オンライン(Zoom ウェビナー)
対象
LinuCレベル1の出題範囲を学習している方
インフラエンジニアとしてのキャリアを伸ばそうとしている方
主催
LPI-Japan
方式
ライブ方式(4月22日(金)までにconnpassのメールでセミナー会場となるzoomウェビナーのURLをお送りします )
参加費
無料(事前申込制)
定員
200名
注意事項
EDUCO-IDを取得されていない方はこのセミナーはご受講できません。
EDUCO-IDをお持ちでない方は、新規登録用マイページでEDUCO-IDを取得してください。
EDUCO-IDをお忘れになった方は、受験者マイページにてEDUCO-IDをご確認ください。
受験者マイページにログインするためのパスワードが分からない場合は、「パスワードをお忘れの場合」をクリックし、ご登録のメールアドレスを入力後、送信ボタンを押すと、パスワードが送信されます。

セミナー内容

■解説するポイント
「実際の現場で求められる技術の紹介」シリーズの3回目として「サーバープロセスの動作確認」を解説します。
サーバーのプロセスは裏側で様々な処理を行っていますが動作が見えないため、サービス稼働前に動作確認を行っておかないとトラブルが起きてから改めて調査することになりかねません。
今回は、サービス稼働確認前のサーバーの動作確認についての解説と、動作確認の具体例としてWebサーバーのプロセスの動作をLinuxコマンドを使って確認していきます。
例えば、実行中プロセスの所有者の確認、ディレクトリ・ファイルへのアクセス権限の確認、ログへの書き込みの確認などを解説します。
■解説する主題・内容
1.01.4 プロセスの生成、監視、終了
1.02.1 ファイルの所有者とパーミッション
1.02.2 基本的なファイル管理の実行
1.08.1 アカウント管理
1.09.2 システムのログ
1.10.1 セキュリティ管理業務の実施
(一部LinuCレベル2の範囲を含みます)
■参加者の想定スキルレベル
・LinuCレベル1の取得を目指している方
・Linuxを学んでおり、仕事で現場作業に入る方
■セミナーのゴール
・現場作業でのLinuxコマンドの使用例を知ることができる
・サーバープロセスの動作を理解することができる

*内容については予告なく変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。


講師紹介

講師紹介
竹本季史(たけもとときふみ)氏

竹本季史(たけもとときふみ)氏

LPI-Japanアカデミック認定校 インターノウス株式会社 エンジニアカレッジ講師

IT業界で約10年間、インフラ・システムエンジニアとして業務を行う。主に自社システムの構築・運用、国の研究用ネットワークの支援、主要携帯キャリア様でのインフラ構築・運用などに関わる。2014年よりインターノウス株式会社エンジニアカレッジ講師。 これまで約700人のエンジニアの養成を行う。主にLinuxサーバ(メール、OpenSSH、シェルスクリプト、DB、監視、演習)を担当。演習では受講生が最大限の成長ができることを目的としている。


セミナーのお申し込みは終了しました


お問い合わせ先

LPI-Japan事務局
seminar@lpi.or.jp

ページトップへ