Linux豆知識 250

WireGuard

このエントリーをはてなブックマークに追加

WireGuardは、OpenVPNと同じオープンソースのVPN環境構築ソフトウェアです。WireGuardは、簡略なセットアップと軽快な動作が特徴となっています。
セットアップについては、具体的にはIPアドレスの設定と鍵交換を行えば最低限の動作をするようにできています。
また、WireGuardには、AllowedIPs設定と呼ばれる機能が搭載されており、AllowedIPsを利用することでルーティングを行うことができることも特徴の1つです。

WireGuardでもう1つ特筆すべきことがあります。それは、WireGuardがLinuxのカーネルモジュールとなっており、高いパフォーマンスを実現している点です。
Linux 5.6よりモジュール化されました。Linuxカーネルに統合されていますが、WindowsやiOS、Android版も用意されています。

一方で、WireGuardは、動作原理など多くの点が他のVPNソフトウェアと異なっており、他のソフトウェアと相互にVPN接続を行うことなどはできません。
利用する際にこの点は踏まえておく必要があります。
とはいえ、Linuxの操作に習熟していれば動作させることはさほど難しくないので、VPNを構築する際には有力な選択肢となることでしょう。


ページトップへ