Linux豆知識 039

/procディレクトリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、/procディレクトリについて。

/procディレクトリは、システムの状態などがファイルとして保管されている特殊なディレクトリで、このディレクトリにあるファイルは、メモリ上に作られる仮想的なファイルです。/procディレクトリ配下にあるファイルは、さまざまなプロセスを動作させる際にたびたび参照されます。ですから、Linuxの動作を決める上でとても大切なディレクトリと言えます。

ここのファイルを参照すると、さまざまな情報を得ることができます。たとえば、コマンドラインから「cat /proc/cpuinfo」と入力してみて下さい。
CPUの情報を得ることができます。他にも、メモリの情報、ドライバの情報、その他ハードウェア面・ソフトウェア面についてさまざまな情報を得ることができます。

そして、/procにあるファイルを編集すれば、システムの状態を調整することもできます。たとえば、iptablesを使ってルーターを作る場合に/proc/sys/net/ipv4/ip_forwardの値を変更します。ただし、これはかなり高度な知識を必要とします。正しく知れば非常に便利なのですが、裏を返せば、誤った改変をするとシステムを破壊することにもなりかねません。曖昧な知識のまま、むやみに変更することは避けて下さい。

ページトップへ