Linux豆知識 143

Gentoo Linux

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、Linuxディストリビューション紹介の第8弾、「Gentoo Linux」について紹介します。

Gentoo Linuxは、やや上級者向けのLinuxディストリビューションです。
Portageと呼ばれるパッケージ管理システムがその特徴と言えます。Portageでは、RPMやdebと異なり、ソースコードからソフトウェアのインストールを行います。パッケージにはインストール作業の手順が書かれているebuildというスクリプトがあり、これに従ってソースコードのコンパイル、インストールなどが行われます。

このようにインストールを行うことでシステムを構築していくため、必要なパッケージを自分で取捨選択し、自由度の高いシステム構築を行うことができます。コンパイル時にのみ設定できる機能の有無を切り替えることもできるので、カスタマイズ性が大きく、使う人の好みにシステムを作り上げることができます。

この、カスタマイズ性の大きさがGentoo Linuxの特徴ですが、それゆえに難易度はかなり高いと言えます。さまざまなパッケージについての理解がないと、使いこなすのが難しくなります。また、設定を適切に行わないとトラブル発生の危険も増え、最悪の場合はシステムの起動すらままならないという事態になりかねないので、初心者には使いこなすのが辛いLinuxディストリビューションだと言えます。逆の言い方をすると、システムを構築するだけでもスキルアップになりますので、ある程度Linuxに慣れてきた人には是非チャレンジして欲しいLinuxディストリビューションです。

ページトップへ