Linux豆知識 150

nginx

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーバソフトウェアの紹介、第2弾は「nginx」です。

nginxはオープンソースのWebサーバソフトウェアです。nginxの読み方は「エンジンエックス」です。Webサーバとしての機能のほかに、HTTP、SMTP、POP3、IMAPリバースプロキシ、メールプロキシの機能も併せ持っています。Apacheよりも新しく、2004年に初版がリリースされ、開発が続けられています。2014年3月現在では、世界中のWebサーバのシェアの約16%(Apache、Microsoft IISに続く第三位)を握っているとされています。

nginxの特徴として、特に静的コンテンツに対する処理速度が高速であること、高性能であること、高効率なメモリ利用などが挙げられます。反面、日本ではシェアが低く、日本語の解説書が少ないため、導入の敷居が若干高いという側面もありますが、日本でも根強い愛好者がいます。

動的コンテンツ(Webアプリケーションなど)に対しては、nginxはプロキシサーバとして動作します。これを利用することで、各種Webアプリケーションを公開するWebサーバとして利用することも勿論できます。

Apacheに比べると知名度の点で少し遅れを取りますが、用途や使い方次第ではApacheの強力な対抗馬となりうるソフトウェアですので、チェックしてみてください。

ページトップへ