Linux豆知識 169

Xfce

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、デスクトップ環境「Xfce」について紹介します。

Xfceは、GNOMEやKDEと同じように、ウィンドウマネージャ、ファイルマネージャなどのソフトウェアをまとめたデスクトップ環境の1つです。1997年に開発が開始されたデスクトップ環境で、当初はFormsツールキットを利用した「XForms Common Environment」の略として「XFce」と呼ばれていました。現在ではXFormsを利用していないため、「Xfce」が正式表記となっています。

Xfceは、KDEなどと異なり、Windowsとは少し異なる、昔ながらのインターフェイスを提供します。このため、初心者には若干とっつきづらいところがあるかもしれません。しかし、Xfceの特徴は何といっても「軽快に動作する」という点にあります。GNOMEやKDEと比べ機能数が特に少ないわけではないと言われますが、軽量であることは特筆に値します。かなり古い、あるいは低スペックなPCでも利用できます。

Linuxのメリットとして、低スペックPCでも動作するという点がありますので、Xfceは是非覚えておきたいデスクトップ環境です。

ページトップへ