Linux豆知識 223

netstatコマンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は「netstatコマンド」について解説します。
netstatコマンドは各種ネットワークの状況を確認するためのコマンドです。

オプションを付けずに実行すると、現在通信を行っている状況をすべて表示します。ただ、TCPだけでなくUNIXソケットと呼ばれるローカル通信についても大量に表示されるなど、あまり実用的ではありませんので、情報を絞り込むためのいくつかの主要なオプションを紹介します。

・-tオプション
TCP通信のみを表示します。

・-uオプション。
UDP通信のみを表示します。

・-lオプション
LISTEN状態を表示します。UDP通信はこのオプションと組み合わせる必要があります。

・-nオプション
ホスト名、ポート番号等を数値で表示します。

・-rオプション
ルーティング情報を表示します。

ネットワークの通信状況は目に見えにくいため、トラブル解決にはnetstatコマンドのようなツールを使って確認できる必要があります。各オプションの動作についてしっかりと把握しておきましょう。

ページトップへ