LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.08システム管理

1.08.2ジョブスケジューリング

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は102試験の試験範囲から、「1.08.2 ジョブスケジューリング」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

「/etc/passwd」の書式の説明として誤っているものを選択してください。

[/etc/passwd]
root:x:0:0:root:/root:/bin/bash
  1. 「:(コロン)」は区切り文字である
  2. 第7カラムはホームディレクトリである
  3. 第1カラムはユーザアカウントである
  4. 第4カラムはグループIDである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「2. 第7カラムはホームディレクトリである」です。

「/etc/passwd」は、ユーザ情報を管理するためのファイルです。

ファイルの書式としては、1行につき1ユーザの情報が保存されています。
また「:(コロン)」を区切り文字として、情報を区別しています。

各項目の意味は以下の通りです。

ユーザアカウント:パスワード:ユーザID:グループID:本名などの追加情報:ホームディレクトリ:ログインシェル

例題の「/etc/passwd」の内容は以下の通りです。

第1カラム … ユーザアカウントが「root」
第2カラム … パスワードの設定有り
第3カラム … ユーザIDが0
第4カラム … グループIDが0
第5カラム … 追加情報が「root」
第6カラム … ホームディレクトリが「/root」
第7カラム … ログインシェルが「/bin/bash」

注意点として、パスワードについては、パスワードが設定されている場合は「x」が記載されます。
これは、「/etc/passwd」が全てのユーザが参照できるファイルであるため、パスワード情報が参照できないようにするための処置です。実際のパスワード情報は「/etc/shadow」に記載されています。

「/etc/passwd」は、Linuxのユーザ管理の基本ですので、書式をよく覚えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 森 彰吾 氏

ページトップへ