LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.06コンテナ

2.06.2Dockerコンテナとコンテナイメージの管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

201試験の試験範囲から「2.06.2 Dockerコンテナとコンテナイメージの管理 」についての例題を解いてみます。このテーマは、新しくLinuCレベル2 version10で追加された範囲であり、Dockerコンテナに関する知識が問われます。
検証環境から商用サービスまで幅広く利用されており、実践でも役立つ内容ですのでしっかりと学習しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

Dockerコマンドの説明のうち、正しいものを2つ選択せよ。

  1. docker images は、コンテナイメージを取得する
  2. docker pull は、コンテナイメージを取得する
  3. docker rmi は、コンテナを削除する
  4. docker exec は、稼働中のコンテナでコマンドを実行する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.docker pull は、コンテナイメージを取得する」、および「4.docker exec は、稼働中のコンテナでコマンドを実行する」となります。

不正解の選択肢(1と3)は、正しくは以下となります。
・docker images は、取得したコンテナイメージの一覧表示を行う
・docker rmi は、コンテナイメージを削除する

Dockerコンテナは、基本的には以下のステップで利用します。
①コンテナイメージの取得
②コンテナの起動
③コンテナでのコマンドやプロセス実行
④コンテナの終了
⑤コンテナの削除 ※必要に応じて
⑥コンテナイメージの削除 ※必要に応じて

また、今回出題したもの以外にも、以下のコマンドがあります。
docker run/docker create:コンテナの起動
docker stop:コンテナの停止
docker rm:コンテナの削除
docker attach:コンテナへの接続
docker pause/unpause:コンテナの一時停止/再開

Dockerコマンドの詳細については、以下から確認することが出来ます。
https://docs.docker.com/engine/reference/commandline/docker/


例題作成者

例題解説提供者
鯨井 貴博(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ