LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.06コンテナ

2.06.2Dockerコンテナとコンテナイメージの管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 201試験の出題範囲から「2.06.2 Dockerコンテナとコンテナイメージの管理 」についての例題を解いてみます。
このテーマは、コンテナ実行環境の構築から、Dockerを使ったコンテナ操作が含まれます。実機操作を使った学習がおすすめであり、コンテナを使ったインフラ管理業務に活かすことが出来ます。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

以下のようにコンテナが動作しているとき、コンテナの停止が出来ないものはどれか。

[root@c6bae784f333 ~]# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                  NAMES
7bff0801444c        nginx               "/docker-entrypoint.…"   4 seconds ago       Up 3 seconds        0.0.0.0:8080->80/tcp   nginx001
  1. docker stop 7bff0801444c
  2. docker stop 7b
  3. docker stop nginx001
  4. docker stop nginx

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4.docker stop nginx」です。

その他選択肢は、コンテナの停止が可能です。

具体的な操作例で確認してみましょう。

まず、コンテナの起動と起動確認。

[root@c6bae784f333 ~]# docker run --name nginx001 -d -p 8080:80 nginx・・・・nginxというベースイメージからコンテナを起動している
7bff0801444c25f15c10756d9aaacf3a710c74036aaf87cbead333d4a01d4f0e
[root@c6bae784f333 ~]# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                  NAMES
7bff0801444c        nginx               "/docker-entrypoint.…"   4 seconds ago       Up 3 seconds        0.0.0.0:8080->80/tcp   nginx001

では、コンテナの停止について確認してみます。

選択肢1の場合(コンテナIDを全て記述)、停止可能でした。

[root@c6bae784f333 ~]# docker stop 7bff0801444c
7bff0801444c

選択肢2の場合(コンテナIDの先頭2文字)、停止可能でした。

[root@c6bae784f333 ~]# docker stop 7b
7b

選択肢3の場合(コンテナ名)、停止可能でした。

[root@c6bae784f333 ~]# docker stop nginx001
nginx001

最後、選択肢4(コンテナ名の一部分)では、停止出来ませんでした。

[root@c6bae784f333 ~]# docker stop nginx
Error response from daemon: No such container: nginx

上記のように、dockerではコンテナID(全て or 先頭文字指定 ※他のコンテナと重複がないことが条件)・コンテナ名を指定することでコンテナ操作が可能となります。

なお、dockerやdockerコマンドの詳細については、以下で確認可能です。
https://www.docker.com/
https://docs.docker.com/reference/


例題作成者

鯨井 貴博(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ