LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.09HTTPサーバーとプロキシサーバー

2.09.3nginxの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は202試験の試験範囲から「2.09.3 nginxの設定と管理」についての例題を解いてみます。nginxの基本機能についての問題です。nginxが実装している機能を把握しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

nginxの説明について、誤っているものを一つ選択してください。

  1. nginxはウェブサーバとして使用することができる。
  2. nginxはリバースプロキシサーバとして使用することができる。
  3. nginxはメールサービスのプロキシサーバとして使用することができる。
  4. nginxはメールサービスとウェブサービス以外のプロキシには使用できない。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4. nginxはメールサービスとウェブサービス以外のプロキシには使用できない。」です。

nginxはオープンソースのウェブサーバ/リバースプロキシサーバです。
nginxでウェブサーバを構築したり、他のウェブサーバへのリバースプロキシサーバを構築したりすることができます。
リバースプロキシとして動作する時には、SSL終端や負荷分散の機能を使用することもできます。
ウェブサービス以外では、メールプロキシサーバ、汎用TCP/UDPプロキシサーバの機能も実装されています。

nginx の設定ファイルは nginx.conf (/etc/nginx/nginx.conf) です。
nginx.conf の基本的な設定方法を紹介します。

(ウェブサーバとして使用する場合)

http {
    server {
        listen 80;
        server_name www.example.com;
        root /vaw/www/html;
    }
}

(リバースプロキシとして使用する場合)

http {
    server {
        listen 80;
        server_name www.example.com;
        location / {
            proxy_poass http://upstream.example.com;
        }
    }
}

(メールプロキシとして使用する場合)

mail {
    auth_http localhost:8080/auth.cgi;
    xclient off;

    server {
        listen 25;
        protocol smtp;
    }
    server {
        listen 110;
        protocol pop3;
    }
    server {
        listen 143;
        protocol imap;
    }
}

(汎用TCP/UDPプロキシサーバとして使用する場合)

stream {
    server {
        listen 9080;
        proxy_pass upstream.example.com:9080;
    }
}

例題の選択肢について解説します。

  1. nginxはウェブサーバとして使用することができる。
    正しい説明です。
  2. nginxはリバースプロキシサーバとして使用することができる。
    正しい説明です。
  3. nginxはメールサービスのプロキシサーバとして使用することができる。
    正しい説明です。
  4. nginxはメールサービスとウェブサービス以外のプロキシには使用できない。
    誤った説明です。
    nginxは、汎用TCP/UDPプロキシサーバとして使用することができますので、様々なプロトコルのプロキシとして使用することができます。

nginxで実現できる機能を把握して、その基本的な設定方法を覚えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ