LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題330仮想化

330.6クラウド管理ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 304試験の試験範囲から「330.6クラウド管理ツール」についての例題を解いてみます。
IaaSサービスを提供するためのソフトウェアであるOpenStackについて取り上げます。今回はその中でもインスタンスを操作する方法を覚えましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

OpenStackで稼働しているインスタンス「test-instance001」を削除するための正しいコマンドを以下から1つ選択してください。

  1. openstack server delete test-instance001
  2. openstack server remove test-instance001
  3. openstack instance delete test-instance001
  4. openstack instance remove test-instance001

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. openstack server delete test-instance001」です。

OpenStatckはダッシュボードからだけではなく、コマンドラインからも操作を行うことができます。
OpenStackでのほとんど操作は、"openstack"コマンドから実施できます。
openstackコマンドは操作したい対象によってオプションを使い分けます。各操作対象に対するオプションは以下の通りです。

イメージの管理: openstack image
ボリュームの管理: openstack volume
キーペアの管理: openstack keypair
セキュリティーグループの管理: openstack security
インスタンスの管理: openstack server
フレーバーの管理: openstack flavor
ネットワークの管理: openstack network
サブネットの管理: openstack subnet

上記オプションにどのような操作を行うかを指定するために、さらにオプションを続けます。インスタンスの管理のための主要なオプションは以下は通りです。

一時停止: openstack server pause INSTANCE_NAME
一時停止解除: openstack server unpause INSTANCE_NAME
休止: openstack server suspend INSTANCE_NAME
休止解除: openstack server resume INSTANCE_NAME
停止: openstack server stop INSTANCE_NAME
開始: openstack server start INSTANCE_NAME
再作成: openstack server rebuild INSTANCE_NAME
リブート: openstack server reboot INSTANCE_NAME
削除: openstack server delete INSTANCE_NAME
作成: openstack server create INSTANCE_NAME

例題の選択肢について解説します。

  1. openstack server delete test-instance001
    インスタンスを削除するための正しいオプションです。
  2. openstack server remove test-instance001
    インスタンスを削除するためのオプションは"delete"なので、誤ったオプションです。
  3. openstack instance delete test-instance001
  4. openstack instance remove test-instance001
    インスタンスを管理するためのオプションは"server"なので、誤ったオプションです。

openstack server コマンドの使用方法を把握し、コマンドラインからインスタンスを操作できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 徳武 竜太

ページトップへ