LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.04システムの保守と運用管理

2.04.1makeによるソースコードからのビルドとインストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuC 201試験の試験範囲から「2.04.1 makeによるソースコードからのビルドとインストール」についての例題を解いてみます。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

ソースコードからプログラムをインストールする際に使用するconfigureスクリプトについて、正しいものを全て選択せよ。

  1. Makefileを生成する
  2. コンパイルを行う
  3. 圧縮されているソースコードを解凍する
  4. プログラムインストールに必要なソフトウェアの有無を調査する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは 1.Makefileを生成する と 4.プログラムインストールに必要なソフトウェアの有無を調査する です。

ソースコードからプログラムをインストールする手順は、以下となります。
・ソースコードを入手(ダウンロード等)
・ダウンロードしたソースコードを解凍・展開する(tar/xz/bzip2/gzip/gunzip等)
・インストールに必要なソフトウェアの有無等を調査(configureスクリプト)
・プログラムをコンパイル(make)
・インストール(make install)

configureスクリプトは、
プログラムをインストールする環境に必要なソフトウェア等が揃っているか、またそのパスはどこなのかなどを調査し、その結果をMakefileへ出力します。

なお、必要なソフトウェアがインストールする環境にない場合は、「not found」等と出力され、必要なソフトウェアがみつけられなかった事を伝えてくれます。

詳細なソースコードからのプログラムインストールについては、以下が参考になります。
http://opensourcetech.hatenablog.jp/entry/2018/05/24/nginx_1.13.12_install_from_source_codes_on_CentOS7


例題解説作成者

鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ