LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.10電子メールサービス

2.10.1Postfixの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の試験範囲から「2.10.1 Postfixの設定と管理」についての例題を解いてみます。このテーマは、SMTPサーバであるPostfixの設定方法、および運用管理に関する内容を含みます。
メールサーバ構築時には一緒に利用することが多いPOP3/IMAPサーバ(Dovecotなど)と併せることで、効率的に学習することが可能です。


例題

PostfixでStartTLSを設定するパラメータとして、正しいものを2つ選択せよ。

  1. smtpd_tls_security_level = may
  2. smtpd_tls_security_level = secure
  3. smtpd_use_tls = yes
  4. smtpd_use_tls = no

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「 1.smtpd_tls_security_level = may」と「3.smtpd_use_tls = yes」です。

Postfix2.3以降では「smtpd_tls_security_level = may」、それ以前では「smtpd_use_tls = yes」を設定して、StartTLSを利用します。

StartTLSではまずTLSで通信を試みますが、通信相手が対応していない場合、TLSを無効化して通信を行います。

なお、TLSの利用を強制したい場合は、以下の設定を利用します。

smtpd_tls_security_level = encrypt
smtpd_enforce_tls = yes

PostfixのTLS設定については、以下で詳細を確認することができます。
http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/TLS_README.html

また、その他のPostfix設定パラメータや基本的な設定方法については、以下で学習できます。
http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/postconf.5.html
http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/BASIC_CONFIGURATION_README.html


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ