LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.10電子メールサービス

2.10.2Dovecotの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の試験範囲から「2.10.2 Dovecotの設定と管理」についての例題を解いてみます。
ここでは、プロトコルの設定について確認しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

Dovecotで利用するプロトコルの設定をデフォルトから変更し、IMAPのみを利用するよう設定した。この設定が適用されているか確認するコマンドとして正しいものを全て選択してください。

  1. doveconf -d
  2. doveconf -n protocols
  3. doveconf -d protocols
  4. doveconf -a

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2. doveconf -n protocols」と「4. doveconf -a」です。

Dovecotのプロトコル設定は、設定ファイルの項目「prorocols」に設定を行います。

doveconfコマンドは、Dovecotの構成ファイルを読み取って解析結果を出力します。doveconfコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-a:
現在構成されている値とともにすべての設定を表示します。

-d:
デフォルト値を表示します。

-n:
デフォルト値以外の設定のみを表示します。

-x:
現在構成されているすべての設定を表示します。構成変数は展開され、ファイルの内容も表示されます。

また、-cオプションを使用して、読み取る構成ファイルを指定することができます。デフォルトでは、/etc/dovecot/dovecot.confが読み込まれます。

それでは、選択肢を見ていきます。

1.doveconf -d
誤りです。
-dオプションは、現在設定が適用されている値ではなく、デフォルト値を出力します。実際に実行すると、以下のようにデフォルト値がアルファベット順に表示されます。

# doveconf -d
# 2.3.8 (9df20d2db): /etc/dovecot/dovecot.conf
# OS: Linux 4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64 x86_64 CentOS Linux release 8.3.2011
# Hostname: edu2021_hasimoto
# NOTE: Send doveconf -n output instead when asking for help.
auth_anonymous_username = anonymous
auth_cache_negative_ttl = 1 hours
auth_cache_size = 0
auth_cache_ttl = 1 hours
auth_cache_verify_password_with_worker = no
auth_debug = no
:
:
protocols = imap pop3 lmtp
quota_full_tempfail = no
:
:

2.doveconf -n protocols
正解です。
-nオプションは、現在適用されている設定のうち、デフォルト値以外の設定を表示します。引数に項目名を指定することで、該当項目のみを表示することが可能です。
実際に実行すると以下のように表示されます。

# doveconf -n protocols
protocols = imap

3.doveconf -d protocols
誤りです。
選択肢1と同様、-dオプションは現在設定が適用されている値ではなく、デフォルト値を出力します。引数に項目名を指定することで、該当項目のデフォルト値を表示することが可能です。
実際に実行すると以下のように表示されます。

# doveconf -d protocols
protocols = imap pop3 lmtp

4.doveconf -a
正解です。
-aオプションは、現在適用されている設定値をすべて表示します。
実際に実行すると、以下のように設定されている値がアルファベット順で表示されます。

# doveconf -a
# 2.3.8 (9df20d2db): /etc/dovecot/dovecot.conf
# OS: Linux 4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64 x86_64 CentOS Linux release 8.3.2011
# Hostname: example
# NOTE: Send doveconf -n output instead when asking for help.
auth_anonymous_username = anonymous
auth_cache_negative_ttl = 1 hours
auth_cache_size = 0
auth_cache_ttl = 1 hours
auth_cache_verify_password_with_worker = no
auth_debug = no
:
:
protocols = imap
quota_full_tempfail = no
:
:

よって正解となります。

Dovecotの設定は基本設定ファイルの他に、詳細な設定ファイルもあります。
デフォルトから変更した設定値などコマンドを使って確認できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ