LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.01Linuxのインストールと仮想マシン・コンテナの利用

1.01.3ブートプロセスとsystemd

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuCレベル1 101試験の試験範囲から、「1.01.3 ブートプロセスとsystemd」についての例題を解いてみます。
コマンドラインからシャットダウン・再起動する際のコマンドについて学んでみましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

下記のコマンドと同じ動きをするコマンドを一つ選択してください。

# reboot
  1. poweroff -f
  2. shutdown -k
  3. halt -p
  4. shutdown -r now

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4.shutdown -r now」です。

rebootコマンドは、システムを再起動するコマンドになります。

構文は下記のとおりです。

# reboot [オプション]

オプションには下記のようなものがあります。

・-f
強制的に再起動する。

・-w
実際には再起動や停止をせずに、 /var/log/wtmpファイル(ログイン履歴)への記録のみを行う。

電源を制御するコマンドには、システム再起動、シャットダウン、電源オフ等のコマンドがあります。これらのコマンドを実行することにより、systemdがカーネルに命令を出します。rebootもその中の一つになります。

それぞれのコマンドの機能を下記で説明をします。

・halt
電源をオフにはせず、システムを停止する

・poweroff/shutdown
システムをシャットダウンして電源をオフ

また、rebootコマンドと同じ動きをするコマンドとして「shutdown -r now」があります。shutdownコマンドは、システムを終了し電源をオフにするコマンドですが、-r オプションを指定すれは reboot と同じようにシステム再起動を行うことができます。nowを用いることによってすぐに再起動することが可能になります。

rebootコマンドと異なり、「shutdown -r」では再起動の時間の指定とログインユーザに再起動をするアナウンスができます。
そのためログインユーザがいる可能性がある場合は、shutdownコマンドで再起動をしたほうが良いでしょう。

選択肢の解説は以下です。

1. poweroff -f
誤りです。
poweroffコマンドはシステムをシャットダウンして電源をオフにするコマンドになります。再起動をする動きはありません。

また-fオプションは、強制的にシャットダウンをするオプションになります。

2. shutdown -k
誤りです。shutodownコマンドは、システムをシャットダウンして電源をオフにするコマンドになります。poweroffコマンドと動きは同じですが、シャットダウンする時間など細かく指定することができます。

-kオプションは、実際にはシャットダウンや電源を切らずに、ログインしているユーザにメッセージを送ります。ログインをしているユーザが多いときなどは、このオプションを用いてお知らせするのが良いでしょう。

[3. halt -p]
誤りです。
haltコマンドは、システムを停止するコマンドになります。コマンド単体では電源をオフにすることはできませんが、-pオプションを用いることで電源をオフにすることも可能です。

[4. shutdown -r now]
正解です。
shutdownコマンドは、単体ではシャットダウンをし電源をオフにするコマンドですが、-rオプションを用いることで再起動することが可能です。nowは再起動する時間を示しており、この場合コマンドの実行とともに再起動を行います。

他にも、-Hオプションを用いることでhaltコマンドと同じ動きをします。

コマンドラインからシャットダウンや再起動を行う際には、目的に合わせて今回学んだコマンド・オプションを活用しましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本知里

ページトップへ