LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題202システムの起動

202.1システムの起動をカスタマイズする

このエントリーをはてなブックマークに追加
201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動をカスタマイズする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動をカスタマイズする>
重要度     3

<説明>
さまざまなターゲット/ランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
systemd、SysV init と Linux のブートプロセスについての完全な理解が必要。
これには、systemd ターゲットと SysV init のランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・Systemd
・SysV init
・Linux Standard Base (LSB) の仕様

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/lib/systemd/
・/etc/systemd/
・/run/systemd/
・systemctl
・systemd-delta
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・chkconfig
・update-rc.d
・init と telinit

■例題
Systemdにおいて、サービスを起動するためのコマンドとして適切なものを選択せよ。

1. systemctl start nginx.service
2. systemctl nginx.service start
3. systemctl start nginx
4. systemctl nginx start

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは 1. 及び 3. です。

Systemdでは、systemctlコマンドでサービスの制御を行います。

使用方法
 systemctl [オプション] コマンド [サービス名]

コマンドには以下のものが指定できます。
 start:起動
 restart:再起動
 stop:停止
 reload:リロード
 status:ステータス確認
 isolate:稼働するターゲット(initで言うランレベルに相当するもの)を変更できる
 enabled:サービス自動起動の有効化
 disabled:サービス自動起動の無効化
 is-enabled:サービス自動起動設定の確認

systemctlコマンドのさらに詳しい情報は、以下のURLから確認することができます。
https://www.freedesktop.org/software/systemd/man/systemctl.html

なお、SysV initでもプログラム自動起動など類似した機能を担っているので、Systemdと比較することで効率的に学ぶことが出来ます。

■例題解説提供者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」LPICレベル3認定者 鯨井 貴博 氏

ページトップへ