LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.10電子メールサービス

2.10.1Postfixの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の試験範囲から「2.10.1 Postfixの設定と管理」についての例題を解いてみます。
Postfixでメールをローカル配送するための設定について確認しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

Postfixが受け取ったメールを、他のホストに転送せずにローカル配送する場合、配送するドメインを設定するパラメータを選択してください。

  1. myhost
  2. mydestination
  3. local_domain
  4. mydomain

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2. mydestination」です。

Postfixとは、UNIX系OS向けに開発、公開されているオープンソースソフトウェアのMTA(Mail Transfer Agent)の一つです。
最近では多くのLinuxディストリビューションで標準のMTAとして採用されています。

Postfixでメールのローカル配送を行う場合、設定ファイル(/etc/postfix/main.cf)にローカル配送するドメイン名を指定する必要があります。
デフォルトの設定は「mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost」です。

例えば以下のように設定します。

myhostname = mail.example.com
mydomain = example.com
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost

上記設定でtest@example.comへのメールを受け取ると、ローカル配送せず、他のMTAへ配送しようとします。

example.comドメインのメールをローカル配送したい場合は、mydestinationに、example.comを追加する必要があります。
以下はexample.comドメイン宛のメールをローカル配送する場合の例です。

myhostname = mail.example.com
mydomain = example.com
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain

選択肢の解説は以下です。

1. myhost
myhostというパラメータは存在しないため、不正解です。

2. mydestination
mydestinationは他のメールサーバに転送せずに、ローカルに配送するドメインを指定するパラメータのため、正解です。

3. local_domain
local_domainというパラメータは存在しないため、不正解です。

4. mydomain
mydomainはドメイン名を指定するのみで、配送等を制御するパラメータではないため、不正解です。

mydestinationはPostfixを設定する上で基本的なパラメータになります。
環境に合わせて正しく設定できるようにしましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 勝山 遼

ページトップへ