LinuCレベル3 300試験の例題と解説

392.4 Sambaのトラブルシューティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
300試験の試験範囲から「392.4 Sambaのトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。
このテーマでは、簡易データベースファイルの構造とトラブルシュート方法を把握しておきましょう。

■トピックの概要

<392.4 Sambaのトラブルシューティング>
重要度     2

<説明>
簡易データベース(TDB)ファイルの構造を理解し、TBD関連の問題のトラブルシューティング方法を知っていること。

<主要な知識範囲>
・Sambaのロギングを設定する
・TDBファイルをバックアップする
・TDBファイルを復元する
・TDBファイルの破損を検出する
・TDBファイルの内容を編集 / 一覧表示する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/var/log/samba/*
・log level
・debuglevel
・smbpasswd
・pdbedit
・secrets.tdb
・tdbbackup
・tdbdump
・tdbrestore
・tdbtool

■例題
SambaのデータベースであるTDBファイルの内容を表示するためのコマンドは何か、コマンド名を答えよ。

※この例題は実際の試験とは異なります。


解答と解説

答えは「tdbdump」 です。

SambaのドデータベースであるTDB(Trivial DataBase)ファイルの内容を表示するためには、tdbdumpコマンドを使用します。

TDBファイルは、/var/lib/sambaや/var/lib/samba/privateなどに格納されます。
——-
[root@localhost samba]# pwd
/var/lib/samba
[root@localhost samba]# ls
account_policy.tdb  gencache.tdb       printing      share_info.tdb
browse.dat          group_mapping.tdb  private       smbprofile.tdb
drivers             lock               registry.tdb
[root@localhost private]# pwd
/var/lib/samba/private
[root@localhost private]# ls
msg.sock  passdb.tdb  secrets.tdb

各TDBファイルは、以下のような情報を格納します。
account_policy.tdb(パスワード有効期限などの情報)
gencache.tdb(キャッシュ用のデータベース)
share_info.tdb(共有レベルのACL構成設定)
group_mapping.tdb(グループマッピング情報)
passdb.tdb(SambaのSAMアカウント情報)
secrets.tdb(LDAPと共に使われる秘密パスワードなど)

また、以下はpassdb.tdbをtdbdumpで表示したものです。
[root@localhost private]# tdbdump passdb.tdb
{
key(13) = “RID_000003e8\00”
data(8) = “kujirai\00”
}
{
key(13) = “RID_000003e9\00”
data(9) = “testuser\00”
}

TDBファイルを操作するためのコマンドとしてはtdbdump以外に、
TDBファイルをバックアップ/リストアするtdbbackup/tdbrestoreがあり
tdb-toolsパッケージをインストールすることで導入できますので、併せて覚えておきましょう。

■例題作成者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)
ページトップへ