LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題392Sambaの基礎

392.2Sambaを設定する

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinuC 300試験の試験範囲から「392.2 Sambaを設定する」についての例題を解いてみます。
このテーマは【重要度4】です。Sambaの基本的な設定について把握しておきましょう。
■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<392.2 Sambaを設定する>
重要度 4
<説明>
さまざまな目的に応じてSambaデーモンを設定できること。
<主要な知識範囲>
・Sambaサーバの設定ファイルの構成に関する知識
・Samba変数と設定パラメータに関する知識
・Sambaに関する問題のトラブルシューティングとデバッグを行う
<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.conf
・smb.confのパラメータ
・smb.confの変数
・testparm
・secrets.tdb
■例題
Sambaの設定ファイルにはSamba変数を使用することができます。
以下のSamba編集の説明のうち、誤っているものを選択してください。
1. %u 接続しているユーザ名
2. %d 現在のディレクトリ名
3. %P 共有のルートディレクトリ
4. %T 現在の日付と時刻
※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「2. %d 現在のディレクトリ名」です。

Sambaの設定ファイルでは、多くのSamba変数を使用することができます。
例えば、Samba変数を使用すると
[tmpdir]
        path = /var/tmp/%u
        comment = %u's temporary directory
        writable = yes
のように設定することができます。
この場合、%u は接続ユーザ名に置き換わるので、同じ共有名でユーザ毎に異なるディレクトリを共有することができます。
その他、下記のようなSamba変数を使用することができます。
%U クライアントが要求したユーザ名
%G %Uのグループ名
%u 接続しているユーザ名
%g %uのグループ名
%m クライアントのNETBIOS名
%L サーバのNETBIOS名
%M クライアントのホスト名
%d Sambaサーバのプロセス番号
%T 現在の日付と時刻
%S 接続している共有名
%P 接続している共有名のルートディレクトリ
%H %uのホームディレクトリ
例題の選択肢について解説します。
1. %u 接続しているユーザ名
3. %P 共有のルートディレクトリ
4. %T 現在の日付と時刻
1,3,4は正しい説明です。
2. %d 現在のディレクトリ名
%dはSambaサーバのプロセス番号に置き換わります。
よって 2 は誤っています。
Samma変数は上記で紹介したものがすべてではありません。
どのような設定がありどのような値に置き換えることができるのか確認しておきましょう。
■例題作成者
※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修・文責です。
ページトップへ