LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題392Sambaの基礎

392.2Sambaを設定する

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinuC 300試験の試験範囲から「392.2 Sambaを設定する」についての例題を解いてみます。
このテーマは【重要度4】です。Sambaの基本的な設定について把握しておきましょう。
■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<392.2 Sambaを設定する>
重要度 4
<説明>
さまざまな目的に応じてSambaデーモンを設定できること。
<主要な知識範囲>
・Sambaサーバの設定ファイルの構成に関する知識
・Samba変数と設定パラメータに関する知識
・Sambaに関する問題のトラブルシューティングとデバッグを行う
<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.conf
・smb.confのパラメータ
・smb.confの変数
・testparm
・secrets.tdb
■例題
Sambaの設定ファイルの内容を解析して、設定が正しいかどうか確認するコマンドとして適切なものをすべて選びなさい。
1. testparm /etc/samba/smb.conf
2. smbstatus
3. smbcontrol nmbd reload-config
4. testparm
※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. testparm /etc/samba/smb.confと4. testparm」です。

testparmコマンドを実行すると、設定ファイルであるsmb.confファイルの文法チェックや設定可能なパラメータを確認することができます。
引数でsmb.confファイルのフルパスを指定して使用しますが、指定しない場合はデフォルトのパスのsmb.confファイルを解析できるので、「4. testparm」も正解になります。
testparmコマンドの主なオプションは以下の通りです。
-s … smb.confの内容を表示する前の確認を省略します。
-V … バージョンを表示します。
--parameter-name <parameter> … 指定されたパラメータをダンプします。セクション名が指定されない場合、表示は既定値で、グローバルセクションに制限されます。
--section-name <section> … 指定されたセクションをダンプします。
--show-all-parameters … パラメータ、タイプ、設定可能な値を表示します。
その他の選択肢の解説は以下です。
[2. smbstatus]
smbstatusコマンドはSambaの現在のコネクションやロック状態などステータスをチェックするためのコマンドです。
[3. smbcontrol nmbd reload-config]
smbcontrolコマンドは、Sambaを構成するプロセスに対して各種操作ができるコマンドです。
デーモン名(もしくはPID)とメッセージを指定します。
上記の例だと、設定ファイルsmb.confの再読み込みを行っています。
Sambaの設定が正しく行えるように、設定ファイルの書式チェックや再読み込みのコマンドを把握しておきましょう。
■例題作成者
ページトップへ