LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.2ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinuC 304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。
このテーマは重要度6と非常に高いのでので、各ロードバランシングクラスタのソフトウェアに関する設定についてもしっかり把握しておきましょう。
■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度 6
<説明>
LVSのインストール、設定、保守、トラブルシュートについて知っている。
keepalived と ldirectordの設定と使用についても含む。 HAProxyのインストール、設定、保守、トラブルシュート以上のことができる。
<主要な知識範囲>
・LVS / IPVSの理解
・VRRPの基本知識
・keepalivedの設定
・ldirectordの設定
・バックエンドサーバのネットワーク設定
・HAProxyの理解
・ HAProxyの設定
<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ipvsadm
・syncd
・LVS フォワーディング (NAT, Direct Routing, Tunneling, Local Node)
・接続スケジューリングアルゴリズム
・keepalived 設定ファイル
・ldirectord 設定ファイル
・genhash
・HAProxy 設定ファイル
・ロードバランスアルゴリズム
・ACL
■例題
keepalivedの設定ファイルにおいて、リアルサーバに対するヘルスチェックとして使用可能な設定を全て選択せよ。
1.HTTP_CHECK
2.SSL_CHECK
3.TCP_CHECK
4.SMTP_CHECK
※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは 「3.TCP_CHECK」「4.SMTP_CHECK」です。

なお「HTTP_CHECK」「SSL_CHECK」という設定はなく、正しくは「HTTP_GET」「SSL_GET」となります。
keepalivedの設定ファイルである/etc/keepalived/keepalived.confでは、
ロードバランシング対象となるリアルサーバに対して以下のヘルスチェックを設定できます。
HTTP_GET・・・・・指定したURLのコンテンツを取得し、期待する内容と一致するかどうかを確認するヘルスチェック。
SSL_GET ・・・・・SSLコネクションを用いたHTTP_GET。
TCP_CHECK ・・・・TCP(レイヤー4)コネクションを用いたヘルスチェック。
SMTP_CHECK・・・・SMTPの通信開始を宣言するHELOコマンドに対する応答を用いたヘルスチェック。
DNS_CHECK ・・・・指定したFQDNに対する応答に、DNSクエリーに対する回答があるかどうかを確認するヘルスチェック。
MISC_CHECK・・・・指定プログラムを実行した結果(終了コード)を用いたヘルスチェック。
その他、keepalived.confに関する設定・パラメータについては、以下のリンクで確認が出来ます。
非常に重要度が高い試験範囲となりますので、ヘルスチェック以外の設定・パラメータについてもしっかり把握しておきましょう。
http://www.keepalived.org/manpage.html
ページトップへ