LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.01Linuxのインストールと仮想マシン・コンテナの利用

1.01.2仮想マシン・コンテナの概念と利用

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1101試験の出題範囲から「1.01.2 仮想マシン・コンテナの概念と利用」についての例題を解いてみます。
ここでは、Dockerコンテナの管理について確認しておきましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

Docker Hubから、Ubuntu 20.04のDockerイメージを取得する時のコマンドを1つ選択してください。

  1. docker pull ubuntu:20.04
  2. docker clone ubuntu:20.04
  3. docker build ubuntu:20.04
  4. docker run ubuntu:20.04

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1.docker pull ubuntu:20.04」です。

Docker Hub には多くの構築済みのイメージがあります。
自分でDockerファイルを定義しなくても、Dockerイメージを容易に取得することができます。

今回は、Dockerイメージの取得なので「docker pull」を利用します。
その他にも、dockerコマンドのサブコマンドは多くあります。確認しておきましょう。

docker runDockerコンテナを起動します
docker pullDockerイメージをダウンロードします
docker create特定のDockerイメージ上に書き込み可能なコンテナを作成します
docker buildDockerファイルからDockerイメージを作成します
docker imagesローカルに保存したコンテナイメージを表示します
docker rmiローカルに保存したコンテナイメージを削除します
docker start/stop/restartDockerコンテナの開始/停止/再起動
docker exec起動中のDockerコンテナで引数に指定したコマンドを実行します
docker commit起動中のDockerコンテナをイメージとして保存します
docker tagdockerイメージにタグ付けを行います
docker exportDockerイメージをtarアーカイブなどの形式で保存します
docker importtarアーカイブ等からDockerイメージを取り込みます

1.docker pull ubuntu:20.0

正解です。
Dockerイメージを取得するには、「docker pull」コマンドを使います。
基本的な書式は以下のようになります。

docker pull [オプション] [イメージ名:タグ名 | レジストリホスト/Dockerイメージ名:タグ名 ]

また、「イメージ名:タグ名」のタグ名の部分は省略が可能です。
省略を行った場合、「latest」タグが使用されイメージの最新版がダウンロードされます。

2.docker clone ubuntu:20.04

不正解です。
Dockerコマンドのサブコマンドに存在しません。

3.docker build ubuntu:20.04

不正解です。
Dockerファイルからイメージをビルドする際に利用するコマンドです。
「docker build」はDockerコンテナの構成、Dockerイメージの作成まで一括して行うことができます。

4.docker run ubuntu:20.04

不正解です。
「docker run」は、指定されたイメージを取得してコンテナを作成します。「docker run」では、「docker pull」「docker create」「docker start」までを実行します。
そのため、作成されるコンテナは起動状態になります。停止状態でコンテナを作成したいときは、「docker create」を利用しましょう。

紹介した基本的なサブコマンドを学習し、dockerコンテナを正しく活用できるようにしましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 上野貴博

ページトップへ