LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題204高度なストレージ管理

204.3論理ボリュームマネージャ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinuC 201試験の試験範囲から「204.3論理ボリュームマネージャ」についての例題を解いてみます。このテーマは【重要度3】です。論理ボリュームマネージャについて理解しましょう。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<204.3論理ボリュームマネージャ>
重要度 3
<説明>
論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除を行う。
これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。
<主要な知識範囲>
・LVMスイートのツール
・論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、名前変更、作成および削除
・ボリュームグループの有効化
<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/pv*
・/sbin/lv*
・/sbin/vg*
・mount
・/dev/mapper/
・lvm.conf

■例題
論理ボリュームのサイズを拡張するコマンドを以下から選択しなさい。
1. xfs_growfs
2. lvextend
3. pvcreate
4. resize2fs
※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「2. lvextend」です。

論理ボリュームのサイズを拡張するには、lvextendコマンドを使用します。
-Lを使用すると、論理ボリュームのサイズを指定することができます。
例えば、/dev/mapper/lv01のサイズを10Gにする場合は、下記のように実行します。
lvextend -L10G /dev/mapper/lv01
現行のサイズから10G増やす場合には、下記のように実行します。
lvextend -L+10G /dev/mapper/lv01
-lを使用すると、論理ボリュームの拡張サイズをパーセンテージ、またはボリュームグループ内の残りの空き領域をパーセンテージで指定することもできます。
例えば、残りの空き領域すべてを指定する場合は、下記のように指定します。FREEは空き領域という意味です。
lvextend -l +100%FREE /dev/mapper/lv01
例題の選択肢について解説します。
1. xfs_growfs
誤っています。
xfs_growfsコマンドは、マウント中のXFSファイルシステムを拡張することができるコマンドです。論理ボリュームを拡張するコマンドではないので、ここでは不正解です。
2. lvextend
正解です。
3. pvcreate
誤っています。
pvcreateコマンドは、LVMで使用するために物理ボリュームを初期化するコマンドです。論理ボリュームを拡張するコマンドではないので、ここでは不正解です。
4. resize2fs
誤っています。
resize2fsコマンドは、マウント中のext4ファイルシステムを拡張することができるコマンドです。論理ボリュームを拡張するコマンドではないので、ここでは不正解です。
■例題作成者
ページトップへ