LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題392Sambaの基礎

392.2 Sambaを設定する

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「392.2 Sambaを設定する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<392.2 Sambaを設定する>
重要度 4

<説明>
さまざまな目的に応じてSambaデーモンを設定できること。

<主要な知識範囲>
・Sambaサーバの設定ファイルの構成に関する知識
・Samba変数と設定パラメータに関する知識
・Sambaに関する問題のトラブルシューティングとデバッグを行う

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.conf
・smb.confのパラメータ
・smb.confの変数
・testparm
・secrets.tdb

■例題
smb.confについての解説で間違っているものを選びなさい。

1. smb.confには全体設定のほか、ファイル、プリンタの共有を記述する
2. Samba全体の設定はすべて[global]セクションに設定する
3. プリンタ共有は[printers]またはプリンタ名のセクションに設定する
4. ファイル共有はすべて[shares]セクションに設定する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. ファイル共有はすべて[shares]セクションに設定する です。

Sambaの各種設定は、smb.confに記述していきます。smb.confでの設定の構造は概ね以下のようになっています。

○smb.confの構造例
[global] #全体設定をするセクション
    設定項目 = 設定値

[homes] #ユーザーのホームディレクトリを共有させる特殊なセクション
    設定項目 = 設定値

[ファイル共有名] #ファイル共有を設定するセクション
    設定項目 = 設定値
 
[ファイル共有名] #ファイル共有を設定するセクション

・・・

[printers] #Sambaが動作するLinux上のプリンタが共有される
    設定項目 = 設定値
    printable = yes

[プリンタ名] #プリンタ共有を個別に設定したい場合
    設定項目 = 設定値
    printable = yes

このようにセクションで区切って記述していくので、ファイル共有を複数作成する場合には、その分だけファイル共有セクションを追加する必要があります。Sambaは設定項目が多岐に渡るため、どのセクションに設定するのかはsmb.confのマニュアルに指定が記述されているので参考にすると良いでしょう。ただし、一部の設定項目はいずれのセクションにも記述できるようになっています。

ページトップへ