LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題392Sambaの基礎

392.3 Sambaの保守

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「392.3 Sambaの保守」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<392.3 Sambaの保守>
重要度     2

<説明>
Sambaのインストールに含まれている各種ツールおよびユーティリティについて知っていること。

<主要な知識範囲>
・稼働中のSamba デーモンの監視および操作
・Samba設定および状態に関するデータの定期的なバックアップを行う

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smbcontrol
・smbstatus
・tdbbackup

■例題
Sambaの保守についての解説で間違っているものを選びなさい。

1. smbstatusコマンドを実行することで、Sambaの各種状態を取得できる
2. smbcontrolコマンドを実行することで、Sambaに対して様々な指示が送れる
3. tdbbackupコマンドを実行することで、Sambaが使用しているTDBのバックアップが行える
4. tdbbackupコマンドはSambaが停止している時に実行する必要がある

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは4. tdbbackupコマンドはSambaが停止している時に実行する必要がある です。

Sambaはsmbdやnmbdなどのデーモンプロセスとして動作しているため、運用管理者はそれらのプロセスに対して保守用のコマンドを実行して、状態を取得したり、様々な指示を送ることができます。

smbstatusコマンドを実行すると、Sambaに対するクライアントの接続状況などを確認することができます。

smbcontrolコマンドを実行すると、Sambaに対して、接続を切断させたり、マスターブラウザの選定を実行させたりといった処理を運用管理者が意図的に実行させることができます。

tdbbackupコマンドは、Sambaが動作中に様々な情報を格納しておくTDB(Tiny DB)のバックアップを行うことができます。TDBが破損して整合性が取れなくなると最悪Sambaが動作しなくなるため、TDBをバックエンドにしてSambaを運用する場合にはtdbbackupコマンドを使って、定期的にTDBをバックアップする必要があります。

tdbbackupコマンドの実行は、Sambaの実行中にいつでも行えます。
tdbbackupコマンドに-vオプションをつけて実行すると、TDBの整合性を確認し、破損などがあった場合にはバックアップから復元を行います。

ページトップへ