LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題330仮想化

330.6クラウド管理ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuC 304試験の試験範囲から「330.6 クラウド管理ツール」についての例題を解いてみます。
OpenStackがサポートするハイパーバイザーについて取り上げました。OpenStackがサポートするハイパーバイザーを確認しておきましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

OpenStackは、多くのハイパーバイザーをサポートしています。
下記のハイパーバイザーのうち、最も多く採用されているものを1つ選択してください。

  1. KVM
  2. VMware ESXi
  3. Xen
  4. Hyper-V

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. KVM」です。

ハイパーバイザーとは、物理的なコンピュータ上で仮想マシンを動作させるためのソフトウェアです。
OpenStackのコンピュートサービスであるnovaは、ハイパーバイザーAPIを使用して仮想マシンを作成、終了します。

OpenStackは多くのハイパーバイザーをサポートしており、用途に応じたハイパーバイザーを選択して使用することができます。
OpenStackは、下記のハイパーバイザーをサポートしています。

KVM
LXC
QEMU
UML
VMware ESXi (vCenter)
Xen
XenServer
Hyper-V
Virtuozzo

上記のうち、KVMがOpenStackコミュニティでは最も多く採用されています。
KVMは、他のハイパーバイザーよりドキュメントが充実していたり、サポートされている機能が多かったりしており、最も利用しやすくなっています。

例題の選択肢を解説します。

1.KVM
2.VMware ESXi
3.Xen
4.Hyper-V

これらはすべてOpenStackがサポートしているハイパーバイザーです。
ただし、「2. VMware ESXi」「3. Xen」「4. Hyper-V」は、「1. KVM」と比較するとサポートされる機能が少なく、使えない機能もあります。
上記の利用もあり、「1. KVM」が最も多く採用されています。

OpenStackがサポートするハイパーバイザーと、最も利用されているハイパーバイザーについて把握しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ