LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.07ネットワークの基礎

1.07.4クライアント側のDNS設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は102試験の試験範囲から、「1.07.4 クライアント側のDNS設定」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

以下のresolv.confが設定されている場合、DNSへの問い合わせの動きの説明として正しいものを選択してください。

[resolv.conf]
nameserver 192.168.0.10
nameserver 192.168.0.11
  1. 192.168.0.10または192.168.0.11にランダムに行われる
  2. 192.168.0.11に最初に行われる
  3. 192.168.0.10への問い合わせに失敗すると、192.168.0.11に問い合わせを行う
  4. 192.168.0.10への問い合わせに失敗すると、その時点で処理を終了する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. 192.168.0.10への問い合わせに失敗すると、192.168.0.11に問い合わせを行う」です。

resolv.confは、リゾルバのための設定ファイルです。
リゾルバは、DNSサービスのクライアントです。その名前の通り、名前を解決(resolve)するために動作します。
リゾルバはresolv.confに設定されているDNSサーバに名前解決の要求を行ないます。

resolv.confの主な設定項目は以下の通りです。

nameserverDNSサーバのIPアドレスを指定します。
domainホストの属するドメインを指定します。
search 名前解決時にホスト名に付加するドメイン名を指定します。
例えばsearchにexample.comが指定されている場合、host01を解決すると自動的にhost01.example.comの名前解決が行われます。

特にnameserverの設定は複数(一般的には3つまで)記載することができます。
デフォルトの動作では、設定ファイルの上部に記載されたnameserverに最初に問い合わせが行われます。
DNSの問い合わせに失敗した場合は、上から順に問い合わせのリトライが行われます。
このため「3. 192.168.0.10への問い合わせに失敗すると、192.168.0.11に問い合わせを行う」は正しい説明です。

その他の選択肢の回答は以下の通りです。

「1. 192.168.0.10または192.168.0.11にランダムに行われる」

デフォルトの動作では、設定ファイルの上部から問い合わせが行われるため、誤りです。

「2. 192.168.0.11に最初に行われる」
こちらも上記と同様で、設定ファイルの上部から問い合わせが行われるため、誤りです。

「4. 192.168.0.10への問い合わせに失敗すると、その時点で処理を終了する」

失敗した場合には、192.168.0.11に問い合わせが行われるため誤りです。

リゾルバの設定は、サーバを管理する上での基本の知識です。
しっかりと覚えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ