クラウド・DX時代のプロジェクト成功の鍵は、いかに優秀な技術者を確保・育成するかにかかっています。
AWS、GCP、Azureなどのパブリッククラウドを利用する際にも、Linuxや仮想マシン・コンテナ技術などは必須です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド時代に求められる技術力

  • Linuxを身につける技術のベースに置き、仮想化・コンテナ技術、ネットワーク、OSSリテラシーなど、クラウド・DX時代に活躍できるエンジニアに求められる技術が習得できます。

即戦力となる人材育成

  • LinuCは、日本のトップエンジニアが「現場で求められる技術」とした今身に付けておくべき技術や知識を出題範囲としており、認定取得者は即戦力として活躍が期待できます。

大手IT企業で標準採用

  • 国内の大手IT企業では自社の人材育成、特に新入社員教育に「LinuC(リナック)」を採用し、エンジニアの底上げに活用しています。
 

オープンテクノロジーのキャリアマップ

御社では、エンジニアに対してどのようなキャリアマップを示していますか?
LPI-Japanでは目指す技術者タイプに応じて求められるスキルとそれを身につけるために役立つ認定をマップ化して紹介しています。

ページトップへ