LinuC認定者 1.5万人突破!(2018年5月時点)

Linux技術者のスタンダードな資格として重要性が高まっています!

【無料】有意なLPIC認定者ならLinuCも取得できます。

手続きはLinuC受験者マイページにログインするだけ。今すぐログインしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

再受験ポリシー(リテイクポリシー)

不合格だった場合に、同一試験を受験する際、2回目以降の受験については、前回の受験日の翌日から起算して7日目以降(土日含む)より可能となります。
合格だった場合には再受験ポリシーはありません。

※再受験ポリシーに違反をしている場合、ピアソンVUEでは受験予約をすることができません。それに対するお客さまへの対応はできません。ご了承ください。

よくあるご質問

Q.再受験ポリシーについて、同一科目の2回目の受験ができるのは最短でいつですか?

A.不合格の場合のみ、2回目以降の受験は、前回の受験日の「翌週の同曜日」の受験が最短で受験できる日です。
合格の場合は再受験ポリシーはありません。

Q.受験結果が不合格で再受験まで待機中に、他の科目を受験することは可能ですか?

A.可能です。再受験ポリシーは同一科目の再受験についてのみの規約です。

Q.申し込んでいた試験が急用で受験できなくなりました。その場合、1回目の受験としてカウントされ再受験ポリシーが適用されますか?

A.実際に受験をしなかった場合は、受験記録としてカウントされませんので、再受験ポリシーは適用されません。翌日から受験可能です。

Q.1回目に旧バージョンの試験を受験して不合格だった場合に、2回目に新バージョンの同じ試験名の試験を受験したい場合は再受験ポリシーが適用されますか?
例)201試験(Ver4.0など)を受験して不合格だったので、次に201試験(Ver4.5など)を受験したい場合

A.バージョン別の試験であっても同じ試験名の受験は同一科目であり、通常の再受験ポリシーが適用されます。
例)201試験(Ver4.0)に不合格で、2回目以降に201試験(Ver4.5)を再受験する場合は、バージョンに関係なく受験日の翌日から起算して7日目以降より可能となります。

ページトップへ